BLOG ブログ

花粉症対策!!

2019.4.15

皆さんこんにちは!

 

気候もだんだん温かくなってきましたね。

いかがお過ごしでしょうか?今の時期花粉症がピークになってきていると思いますが

お肌も花粉の影響を受けているのはご存じですか?

 

花粉皮膚炎

いままで聞きなれなかったと思いますが、実はくしゃみや鼻水といった一般的な症状がなく、自分は花粉症ではないと思っている人も、実は花粉の影響を受けているのです。

そしてスギ花粉の飛散量が多い時期に症状が出る人が多いです。

 

 

症状

肌の乾燥、ほのかな赤み、チリチリとくすぐったいようなかゆみが主な症状。ひりひりすることもあり、上まぶた、頬骨、あご、首など、露出が多い部分に発症しやすいのが特徴です。

 

スキンケア

 


敏感な肌の方はバリア機能が弱くなっているので普段使っている化粧水等がひりひりしみたりすることもあるので、化粧水は無理につけず保湿クリームなどで保護するようにしましょう。

 

 

花粉皮膚炎になった時の対策

・花粉を落とそうと思って肌を擦ったりゴシゴシ洗ったりするのはNG

・低刺激の洗顔料・クレンジングを使って余分な皮脂や汚れをやさしく洗い流す

・ぬるめのお湯を使い、十分泡立てて洗顔する

・洗顔後は、すみやかに保湿

 

 

皆さん、いかがでしたか?

花粉症、花粉皮膚炎になってからの対策をいままでお話ししてきましたが、

下記のように日ごろから対策をして予防すことも大切です。

 

予防

◎花粉を肌に直接触れさせない

・花粉を肌に触れさせないこと

・外出から帰宅したら肌に付いた花粉を洗い流し、外出中もできるだけ花粉が肌に触れないようにメガネやマスクで肌を覆う

・花粉が付いた髪の毛が顔にかかって肌荒れの原因になる為、まとめ髪にしたり帽子を被る

 

◎バリア機能を低下させない

少しの刺激にも反応する敏感肌の状態になり、かゆみやヒリヒリ感といった肌トラブルが起きやすくなる為、朝晩しっかりと保湿し、日頃からスキンケアで肌をすこやかに整えておくこと

 

 

日々のケアがとても重要になりますので少しずつ意識してケアや予防してみてください!

 

SHARE THIS!
  • facebook
  • twitter

関連記事

Thumbnail2

ヘアケアについて

みなさんこんにちは。 梅雨に入りジメジメする日も多くなってきて嫌な時期ですが6月の花嫁「ジューンブライド」に憧れてる方も多いのではない...

ロケーションフォト撮影

ロケーションフォト撮影

みなさんこんにちは。今回は先日行われたロケーション撮影の様子をご紹介したいと思います。 代々木公園からの東京タワーというコースを周りま...

Thumbnail2

紫外線対策について

皆様。いかがおすごしでしょうか?                                                   ...

撮影♡4

撮影♡4

今回はスタッフが選ぶ南青山ル・アンジェ教会おススメショットのご紹介をさせて頂きたいと思います。是非前撮りや当日の希望カットの参考にして...

東京・表参道の結婚式場 - 南青山ル・アンジェ教会公式サイト
TEL 03-5411-2722
受付時間:平日10~19時/土日祝9~19時/火曜定休(祝日除く)

お気軽にお問い合わせ下さい。